オオキツネノカミソリ開花パトロール〜今日が人生で一番若い日〜

登山

こんにちは、まーさんです。

今日は、先日登山させていただきました、オオキツネノカミソリで有名な井原山へ再登山を決行致します。

今日登る山は、福岡県糸島市に登山口がある井原山という山になります。今回は、縦走計画といたしまして、福岡県と佐賀県の県境にある雷山を目指してみます。

井原山・雷山について

井原山は標高983mの低山です。脊振山系でいうと第2の高峰です。オオキツネノカミソリコバノミツバツツジの群生地として有名で、春から秋まで様々な植物が観察できる「花の名峰」として登山者に親しまれています。頂上からは脊振山系から玄界灘まで360度の雄大な景色が望めます。頂上までは、野河内渓谷から登るルートと水無登山口から登るルートがあります。

駐車場

登山コース

途中のおすすめスポット おすすめの時期4月下旬〜5月上旬 7月中旬〜下旬

雷山は標高955mの低山です。福岡県糸島市と佐賀県佐賀市富士町の境界にある脊振山地の山です。別名「いかづちやま」ともいわれています。山名は山中に雷神を祭ることに由来しているみたいです。
 山頂からの眺望はよく、冬はスキー場も運営しているとのことです。登山口にある千如寺は、インドの渡来僧、清賀上人の開基。雷山観音として広く信仰を集めている。寺には国宝の高さ約5mもある千手千眼観音の木像が安置されている。

駐車場

登山コース

途中のおすすめスポット おすすめの時期11月上旬〜11月中旬

登山のレベルについて

登山のレベルについて

個人的な感想は・・・。

●個人的な感想

眺望 ★★★★★

登山道のわかりやすさ ★★★★☆(オオキツネノカミソリの時期は多いです)

※ファミリーハイク(小学校中学年以上のお子様向け)

実際の登山の感想について

前回は、野河内渓谷駐車場に車を停めて登山しましたが、今回は、雷山縦走という目標があったため、やや頂上に近い側の水無登山口からスタートしました。

前回の登山で、井原山についての大体のコースは頭に入っていましたので、井原山までは問題なくいけると確信しておりました。しかし、今回のミッションはオオキツネノカミソリの開花を確認したいという重要なミッションがありましたので、そちらの方が気がかりでした。でも、私の心配とは裏腹に登山開始早々に、オオキツネノカミソリ発見!!

発見というか、乱舞するくらい満開でした。ジブリの中にでてくる ”こだま” というキャラクターがいるかのように斜面いっぱいに咲き乱れていました。森の中でみるオオキツネノカミソリはすごく幻想的な雰囲気でした。

斜面に咲き誇るオオキツネノカミソリ

今日は、天気も良かったせいか井原山登山道はかなりの賑わいでした。井原山までは、途中ロープ場がありますが(ここが一番きつい)今日はぬかるみもあり滑りやすかったです。

頂上は案の定、大渋滞です。かなり人が多くあまり、ゆっくりはできませんでした。しかし今日は何といっても眺望も最高でしたが、空がきれいでした。久しぶりに週末が晴れてくれたので、気持ちよく登ることができました。

頂上到着

ここから、初の雷山へ縦走です。楽しみです。ちなみに、雷山までは約1時間程度で到着しました。

雷山山頂

しかし、途中は、アップダウンがかなりあります。行は結構余裕でした。頂上ではカップ麺で周りの山々に乾杯です。無事に登頂できたこと感謝です。

しかし問題は、帰りでした。雷山から井原山に戻り下山というスケジュールが、歳を重ねた私のふとももと膝にかなりの負担を強いることになりました。おまけに、帰りは脚に力が入らず滑ってしまい腕を擦りむいてしまいました。(皆さんも、無理な計画は立てないようにしましょう)でも、帰りもオオキツネノカミソリをみて、本日の下山を惜しみながら無事駐車場にたどりつきましたとさ。



まとめ

オオキツネノカミソリは、満開状態ですので、もし見に行くご予定があるのであれば、お早めにみられた方がいいと思います。(2021年7月18日現在)

今日、私は水無登山口駐車場を目指して車を走らせましたが、オオキツネノカミソリの開花のせいなのか、かなり車が多いです。(ちなみにAM8:30ごろで瑞梅寺登山口周辺は路駐が多かったです)瑞梅寺登山口からさらに水無登山口を目指すのですが、道が狭いです。離合ポイントも少ないので普通車だと対向車が来ないことを祈りながら行かないといけません。運転に自信がない方は、瑞梅寺登山口に車を停めるか、野河内渓谷駐車場から登った方がいいかもです。(ちなみに頂上までの距離はかなりあります)

私も水無登山口を目指していきましたが、途中、道が狭いこともあり、水無登山口まで1.9km地点に車を停め歩いて、水無登山口を目指しました。案の定、水無登山口の駐車場は満車で、路駐のオンパレードでした。もし、井原山に行かれるのであれば、少し早めに向かった方がいいかもです。

あと、雷山への縦走計画ですが、日頃運動不足のかたには、おすすめできません。井原山で、ゆっくりしたあと下山コースが翌日に支障なく過ごせると思います。もし、縦走されるのであればトレッキングポールを携行されることをおすすめします。

以上が、本日のまとめとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました