初心者登山おすすめアイテム〜ザック編〜

登山

こんにちは、まーさんです。登山初心者の私が、これは買ってよかったと思うアイテムを紹介させていただきます。今日は ”ザック” を紹介させていただきます。登山するのに必ず必要になるのが、リュックサックですよね。(登山専用の物は一般的に ”ザック”と呼んでいます)両手を常にあけておけるように、通勤通学などで利用されている方々も多いと思います。ハイキングや、高低差が少ない山を登る際は、さほど違いは感じないかもしれませんが、より快適に登山を楽しむためには、機能性に優れた登山専用ザックをおすすめします。

何か違いはあるのかな?

アウトドア用品【L-Breath】

登山専用ザックのメリットについて

1.【肩や腰の負担が減る】

2.【小物を入れるポケットが多い】

3.【耐久性に優れ快適】

ひとつずつ解説していきましょう。

1.【肩や腰の負担が減る】これは、登山の時には荷物が多くなることがあったり、不安定な道を登ったり、下ったりと常に荷物の重心が変化することにあります。この重心の変化を最小限に抑えるために、登山専用ザックの多くは、ショルダーストラップとウエストベルトがついています。この2つのベルトで身体に固定することで、荷物の重心は安定し、肩や腰の負担が減ります。さらには、荷物の重心がずれてバランスを崩し転倒などの事故の原因を少なくしてくれます。

2.【小物を入れるポケットが多い】これは、登山において便利な機能の一つだと思います。多くの方は携帯のGPSを使ったり、コンパスで方向を確認したり小物の出し入れを頻繁に行います。(私もおやつの出し入れが忙しいです)登山専用ザックには、ウエストベルトにポケットがついていたり、ザックのサイドにペットボトルをいれるポケットがあったりと、色々と便利に作られています。

また、トレッキングポールを使われる方には、ザックにホールドする機能がついているものもあります。

3.【耐久性に優れ快適】何と言っても、丈夫です。登山道には、快適な登山道もあれば、木々の隙間を縫いながら進まないといけない修羅場もあります。そう言った場面で、常にザックは危険な状況と隣り合わせです。丈夫なザックでないと破損したり時には、破れたりという悲劇が待ち受けています。また、特に夏場は、ザックを背負う背中が汗ダクダクの状態です。登山専用ザックには、背面に通気性が備わった素材を採用しているモデルが多くあります。

選び方について

【サイズ感】サイズについては肩から腰までの『背面長』にあったサイズのものを選びましょう。こちらも、トレッキングシューズの選び方と同じで、必ず実店舗でサイズを確認するようにしてください。適正なサイズを選ぶことで、フィット感が向上して身体への負担が軽減できます。

【用途】です。日帰り登山か、宿泊登山かでザックの容量を検討しないといけません。日帰りだけの登山しかされない方は、20〜25Lくらいの容量を、ほとんど日帰りだけど、1泊の小屋泊はするかもという方は、30〜35Lの容量を、テント泊で自炊をやるという方は、日数と荷物に応じて容量の検討を行ってください。

【持ち物】きちんと収納できるかは検討必要です。トレッキングポールなどがいい例です。折角ザックを買っても、収納(引っ掛ける)場所がなければ、手がふさがったままになってしまいます。あらゆる場面を想定し、持ち物をきちんと収納できるタイプを選びましょう。

私が使っているザックについて

最後になりますが、私が使っているザックについて紹介させていただきます。メーカーはNORDKAMM(ノードカム)の30Lのタイプを使っています。

これは、ブログの中でも紹介させていただいておりますが、今まで街中用のリュックサックを使っていたのですが、荷物を入れるとパンパンになってしまい、なおかつ、中の荷物を出すのも一苦労していたこともあり、新調致しました。

荷物も余裕で入るし、ウエストベルト(今まではショルダーストラップはついていました)がついてあるだけで、同じ荷物の量かと間違えるほど、軽く感じました。また、身体にもフィットしてすごく動きやすい。

このザックには、身長に合わせて調整できるウエストベルトがあったり、給水チューブに対応したりと至れり尽くせりです。あと、このメーカーの特徴ですが、保証期間が1年間ついています。(アンケートに答えると2年に延長になりました)それほどまでに商品に自信があるのだと思います。色は今のところ、ネイビーとレッドしかなく、残念ではありますが機能性は間違いなく最高だと思います。

あなたも、初心者登山の便利アイテムとして検討してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました