初心者登山おすすめアイテム〜トレッキングシューズ編〜

登山

こんにちは、まーさんです。登山初心者の私が、これは買ってよかったと思うアイテムを紹介させていただきます。今日は、”トレッキングシューズ” を紹介させていただきます。登山を始めるにあたり、確実にあった方がいいアイテムです。今回は冒頭にあります、買ってよかった・・・。というよりは、私の経験を通して、買うときに注意してほしい点を、あなただけにお伝えします。

何を基準に選んだらいいのかな?

アウトドア用品【L-Breath】

トレッキングシューズの種類について

1.【ローカットモデル】

2.【ミドルカットモデル】

3.【ハイカットモデル】

トレッキングシューズには、ローカットモデル、ミドルカットモデル、ハイカットモデルと呼ばれるタイプがあり、デザインは大きく分けて3種類になります。では、それぞれの特徴をみていきましょう。

1.【ローカットモデル】こちらは、一般的に皆さまが履かれている靴のデザインで、くるぶしより下までしかないデザインです。特徴としては、トレランや、平地が多いハイキング等に選ばれています。履くときや脱ぐ時が非常に楽な反面、足首が露出しておりますので、捻挫や、けがには要注意です。

2.【ミドルカットモデル】こちらは、後で紹介するハイカットモデルと、前述のローカットモデルの中間のタイプで、くるぶしがしっかり保護されたデザインになります。山登り初心者向けで、登山スタイル(高山中心か低山中心にするか等)が決まっていない方や、低山を中心に登られる方の愛用者が多く、動きやすさも兼ね備えております。履くときと、脱ぐ時はやや手間取りますが、足首もある程度守られておりますので、安心です。

3.【ハイカットモデル】こちらは、足首をしっかりサポートしてくれるタイプで、本格的に登山をされている方々が愛用されております。足首が固定されますので、けがの心配も少なくなりますが、履くときと、脱ぐ時にかなり手間取ります。

デザイン以外でいいますと、フィット感が重要です。購入される際は、実店舗にて必ず試着をおすすめします。サイズ感としましては、つま先に10mm~15mm以上の余裕があったほうがいいです。というのも、山を下るときに、つま先の方に足がスライドしますので、余裕がない靴だとつま先が痛くなってしまいます。また、もう一つ重要なのが、防水性と、透湿性、あと防滑性です。急な雨や、浅瀬の横断、湿った場所の移動など登山においては、様々な状況変化があります。そのため、防水性と透湿性、防滑性についてはこだわりましょう。防滑性については、ソールのブロック(凸凹加減)にも影響されますので、各メーカーの特徴をとことん調べましょう。

私が使っているトレッキングシューズについて

私が選んだファーストシューズは、KEENというブランドのsteens MID WP SYN

(スティーンズ ミッド ウォータープルーフ シンセティック メンズ)26.5cmをネットにて購入しました。実際履き心地は、すごくいい感じで、 脚の横幅も広めで、 いつも26cmを履く私からしても丁度いいサイズ感でした。何度か山にも行きましたが、ちょっとした浅瀬の横断をしても、靴の中が濡れることは全くなく、すごくいい買い物をしたなぁと我ながら感心していました。しかし、何度か登山をしているうちに、色んな不具合を感じるようになりました。まず、下山時に必ずつま先が痛くなること、これは、私が選び方に書いてあった通り、実店舗での試着もなしに、安いからと言ってネット購入をした代償でした。また、サイズについても、実際のサイズより、5mmしかサイズアップをしていなかったことです。あと一番の失敗と感じたのは湿った箇所で、滑りやすいということです。これは、登る山の状況にもよるかと思いますが、私には滑りやすく感じました。ソールのブロックは浅めでグリップ力に劣ります。購入をされる際は、ブロックは深めでグリップ力があるタイプを選ばれた方がいいと思います。実際、私も下山中何度か滑ってけがをしましたので、みなさんは、よく調べて購入されてください。

買い替え検討のシューズについて

次回購入する際は、上記の内容を十分理解したうえで、mont-bell のトレッキングシューズを検討しようと思っています。こちらは、オリジナルソール(トレールグリッパー)を採用し グリップ力もあり、摩擦力もあるみたいで、靴底のすり減り対策も強化されているみたいです。デザインも豊富ですので、これから購入を検討されている方は、選択肢の一つに加えてみたらいかがでしょうか?

コメント

  1. […] 【サイズ感】サイズについては肩から腰までの『背面長』にあったサイズのものを選びましょう。こちらも、トレッキングシューズの選び方と同じで、必ず実店舗でサイズを確認するようにしてください。適正なサイズを選ぶことで、フィット感が向上して身体への負担が軽減できます。 […]

タイトルとURLをコピーしました