初心者登山おすすめアイテム〜トレッキングポール編〜

登山

こんにちは、まーさんです。登山初心者の私が、これは買ってよかったと思うアイテムを紹介させていただきます。今日は、”トレッキングポール”を紹介させていただきます。登山するのに、ないといけないものか?というとそんなことはございません。なくても全然大丈夫です。では、あるとどんなメリットがあるかといいますと大きくは3つあります。

具体的にどんな感じなんだろう?

アウトドア用品【L-Breath】

トレッキングポールのメリットについて

1.【登りが楽になる】

2.【下りの負担が減る】

3.【万が一の時にバランスが保てる】

ひとつずつ解説していきましょう。

1.【登りが楽になる】 トレッキングポールを使うことによって、上半身の力が加わり、登る時に推進力が得られて楽になる。また、足腰の負担が軽減され、疲労が少なくなる。

2.【下りの負担が減る】 下りは何といっても、体重+荷物の負荷が片足にかかってきます。その負荷を和らげる役目が、トレッキングポールです。着地する時の衝撃が軽減され、特に膝への負担が大幅に減少されます。

3.【万が一の時にバランスが保てる】 これは、登山時のあるあるですが、ある程度の時間歩いていると疲労で足元がふらついたり、不安定な足場でバランスを崩したりしそうになります。そんな時に助けてくれるのが、トレッキングポールです。バランスを保つためのサポートや滑りやすい斜面などでの転倒のリスクを減少させてくれます。

選び方と使い方について

トレッキングポールといっても、2本で使うダブルタイプがあったり、1本で使うステッキタイプがあったりします。登る山のレベルに合わせて購入を検討すると良いでしょう。

1.【ダブルタイプ】山の地形が起伏に富んでおり、バランスが取りずらい場合や、長い時間をかけて登るような場合は、ダブルタイプが特におすすめです。2本あるとバランスが取りやすく、推進力も増します。

2.【ステッキタイプ】こちらは、地形がなだらかで、平坦なコースを歩くハイキングにおすすめです。1本持ちだと片手が空きますので、写真を撮りながら、のんびりと山を楽しめます。

【使い方について】まずは、グリップに付属している、ストラップに必ず手を通すようにしましょう。これは、トレッキングポールの脱落防止とともに、正しい位置で使用するために重要です。また、先端のゴムについては、■公共交通機関での移動時■アプローチの道路■自然保護の木道■苔や樹木の根を傷つけやすい登山道において、先端のゴムをつけたままにするのが、マナーです。また、平地を歩くとき、登りのとき、くだりのときで、ポールの長さを調整することもポイントです。

1.【平地】ポールの長さは、ポールを地面に立ててグリップを握った時に肘が直角になる高さで調整してください。歩くときは、視線はやや前方に向け、歩幅を狭くしてリズミカルに歩くようにしてください。

2.【登り】ポールはやや短めにセットしてください。歩幅は、狭くポールで推進力が得られるように歩いてください。

3.【下り】下りはやや長めにポールをセットしてください。歩幅は、平地の半分以下を意識して蛇行しながら降りてください。重心を常に意識して足裏全体で静かに着地を心がけてください。

トレッキングポールはあくまでも、登山の補助的な役割ですので、全体重をかけるような使い方をすると折れて転倒したり、とても危険ですので注意しましょう。それと、登山の途中どうしても両手を使わないといけない場面に遭遇します。その際は、面倒臭がらず、ポールを一旦縮めて、ザック横に収納してから登るようにしてください。そうしないと、折角のポールを落下させてしまったり、下手をしたら自分自身が滑落するという惨事に巻き込まれてしまいます。注意して使いましょう。また、使用後は、必ずすぐに水洗いクリーニングと乾燥を行い、常に万全の状態で長く使えるようにしましょう。

私が使っているポールについて

最後になりますが、私が使っているポールについて紹介させていただきます。メーカーはキザキというメーカーになります。商品は、ナチュライフ110 KTBJ-X110I WIN です。

これは、ブログの中でも紹介させていただいておりますが、父の日のプレゼントにもらったものです。

コンパクトに収納でき、収納時の長さは、約58cm。ザックの横に収納して持ち運んでも全然邪魔になりません。

また、長さは約90cm~110cmまで調整できますので、女性でも大丈夫だと思います。私の身長が170cmで、大体105cmの位置で使用しております。(私よりも長身の方は、もう少し余裕のある長さで、検討した方がいいかもです。)

重量は、235g(1本あたり)で軽量です。

また、先端のスペアゴムがついておりますので、先端ゴムの紛失の際も安心です。アンチショックシステムも採用されており、手首、肘の負担も軽減されます。グリップの握りやすさも追及されており、太すぎないグリップは女性や、小柄な方にもおすすめです。私も、トレッキングポールを使い始めて、登りの疲労感と、下山後の膝の痛みがかなり軽減され、楽になりました。

あなたも、初心者登山の便利アイテムとして検討してみませんか?(下記画像クリックでリンクに飛びます参考にされて下さい)

コメント

  1. […] また、トレッキングポールを使われる方には、ザックにホールドする機能がついているものもあります。 […]

タイトルとURLをコピーしました