初心者登山持っててよかったアイテム〜レインウェア編〜

登山

こんにちは、まーさんです。今日は、登山の必需品の中の一つ ”レインウェア” を紹介させていただきます。天気が良いときにしか、登山しないのに必要なのかなぁ?と疑問に思われるかもしれませんが、はっきり言っておきます。必要です。

山の天気は非常に変わりやすいため、登りはじめに天気が良くても、頂上付近は雨ということもよくあるのです。

日常生活においては、傘を忘れて多少濡れても大したことはないかと思います。途中雨宿りする場所もあるでしょうし、身体が冷えたら温かい飲み物もすぐ手に入ると思います。しかし、山においては雨宿りできる場所もすぐに見つかるかもわかりません、ましてや、自動販売機が近くにあるわけでもありません。山においては、身体が濡れてしまい、体温が下がってしまうと危険な状態になってしまいます。場合によっては、生死にかかわる重大な問題にもなりかねません。

レインウェアは、日帰り登山を行う上では、お守りと思って使用することがないというのが 安全の印 だと思い、常に携行するようにしましょう。

選ぶ上でのポイントは何だろう

アウトドア用品【L-Breath】

選ぶ上でのポイント

1.【防水性】

2.【通気性】

3.【脱着のしやすさ】

ひとつずつ解説していきましょう。

1.【防水性】これは、雨がレインウェア内部に侵入してこない性能です。レインウェアの一番の弱点は縫製箇所です。ここからの雨水の侵入をいかに防げるかが重要です。各メーカーによる特徴を確認するようにしましょう。

2.【通気性】レインウェア着用時は、内側の蒸れが発生します。この蒸れをいかに外に逃がす機能があるのかが、重要です。登山時には、身体が熱を持ち、汗もかきやすい状態です。通気性がないレインウェアだと、動いていない状態の時に、汗が冷え急激に体温を奪われ非常に危険な助教になってしまいます。商品の特性をよく確認しましょう。

3.【脱着のしやすさ】登山用のレインウェアを選ぶ際は、脱着のしやすさにも気を付けましょう。必ずズボンとジャケット上下に分かれたセパレートタイプを選びましょう。

私が使っているレインウェアについて

私が、愛用しているレインウェアを紹介させていただきます。メーカーは Columbia≪コロンビア≫ の シンプソンサンクチュアリⅡ のレインウェアを購入しました。

●防水性については、【フルシームシール】というものがついております。(フルシームシールとは、縫い目全てに防水テープを貼り、高い防水性を発揮する機能です。)

●通気性については、【オム二テック】というものがついております。(オム二テックとは、コロンビアが独自に開発した防水透湿機能で、外部からの水の浸入を防ぎ、なおかつ激しい運動によるムレも最小限に押さえる機能です。)

●脱着のしやすさについては、上下セパレートタイプとなっており、収納可能なスタッフバッグも付属しております。

使ってみての感想ですが、登山用レインウェアは結構な値段がします。その中でも、リーズナブルな価格帯で、高機能、デザインも悪くありません。欠点としては、生地が若干薄いように感じました。しかし、お守りとして携行するには全然問題ない範囲です。レディースタイプもありますので、あなたも検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました