浮嶽リベンジ~今日が人生で一番若い日~

登山

こんにちは、まーさんです。今日は、前回 女岳から 浮嶽 縦走計画を立てたにも関わらず、体力不足で断念してしまい、不甲斐ない結果に終わりましたので、リベンジで 浮嶽に行ってみたいと思います。



今回のルート

まむしの湯付近登山者駐車場 → 十坊山 → 浮嶽 → まむしの湯付近登山者駐車場

十坊山について

十坊山(とんぼやま)は、脊振山系の山で標高535.2mの低山です。名前の由来は、浮嶽(うきだけ)のお寺の十人の僧侶が兵火にあい、逃げ出したが十坊山で捕まり、殺されたこと由来すると言われています。頂上には『坊主岩』が鎮座しており、眼下には、玄界灘が広がり眺望も360°開けています。

駐車場

登山ルート

登山レベルについて

まーさん
まーさん

登山レベルについて

個人的な感想は・・・。

アウトドア用品【L-Breath】

●個人的な感想

眺望(十坊山)★★★★☆ 

眺望(浮嶽)★★☆☆☆

登山道のわかりやすさ(十坊山)★★★★☆(すれ違いや登山者多めです)

登山道のわかりやすさ(浮嶽)★★★☆☆(すれ違いややあります)

※ファミリーハイク(十坊山までは、小学校低学年のお子様でも登れると思いますが、浮嶽は大人でも覚悟をもって登らないと、急登が多いです。体力のある小学校高学年以上向け)

実際の登山の感想

まむしの湯から少し登ったところに登山者専用駐車場があります。かなり広いです。(午前8:20分ごろの状況)

登山道は、整備されており、すごく歩きやすいです。途中花々も見ながら、のんびり登らせていただきました。

のんびり歩いて、大人の足で50分から80分くらいで、頂上につきます。急登もそれほどなく、景色を楽しみながらのんびりと頂上を目指せます。頂上に着くと、『坊主岩』がデーンと鎮座しており、眼下に玄界灘が広がります。また、坊主岩には、鎖が張ってあり岩の上に登ることもできます。岩の上からは、360°の大パノラマが楽しめます。

ここで、しばらく景色を堪能したあと、浮嶽への縦走になるのですが、浮嶽の登山口までは、ゆるやかにアップダウンを繰り返します。

最初は、余裕で浮嶽まで行けるのではないかと、淡い期待を抱きます・・・。

しかし、下の写真にある、浮嶽への登山口からが、急登の連続になります。場所は、福岡県と佐賀県の県境付近です。

見るからに、何かありそうですねぇ・・・。いあや本当に、ここからがたまらんです。ここからは、一気に登れるほど、私には体力がありませんでした。途中何度も休憩しながら、YAMAPアプリで位置を確認し、まだ頂上には着かないのか・・・。と何度も気持ちが折れそうになりましたが、頂上からの景色を想像し、自分に活を入れひたすら登りました。

頂上に着いた時には、足がパンパンでした。何とかリベンジを果たしました。しかし頂上からの眺望は・・・。木の間から少し見える程度でした・・・。残念。



まとめ

やりました。前回の 女岳からの縦走計画は叶いませんでしたが、今回 十坊山からの縦走計画無事遂行できました。女岳から浮嶽までの縦走はしておりませんので、わかりませんが、自分が感じたのは、十坊山で一度、素晴らしい眺望を見れたことが、縦走計画の励みになり無事、浮嶽山頂を目指すことができたと思います。

今回個人的に感じたことは、 女岳~浮嶽 縦走計画においては、どちらの山も眺望は期待できませんので、眺望を楽しみに登山をされる方には、十坊山~浮嶽 縦走計画のほうがオススメです。

みなさんの体力と目的に合わせた登山計画で、糸島市の山をたくさん楽しんでみてはいかがでしょうか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました